日経225先物取引

日経225先物・OP 「有料メールマガジン配信」「有料情報」

負けがこんでいる時には?

日経先物取引の説明

日経225先物取引は、ゼロサムゲームと言われています。

 

誰かが勝っていれば、その裏で誰かが負けているのです。

 

日経225先物取引で大儲けしました!という人がいるなら、同じように大損した人がいるはずです。

 

そして、それがいつ自分にならないとも限りません。

 

先物取引を行っていると、どうしても損失を繰り返してしまう時があります。

 

自分自身の相場感が狂っている事もあります。

 

収集しているデータの分析が間違っている事もあるでしょう。

 

さらには、どれだけデータをチェックしていても、世界の経済動向に気を配っていても、やはり損失が出てしまう事があります。

 

原因は分かりませんが、相場のリズムと自分のリズムが、合っていないのです。

 

損失続きの状況に陥ると、資金に余裕がある限り、どうにかして損失を取り返そうと躍起になって注文を繰り返してしまいがちです。

 

しかし、負けがこんでいる時には、人間は冷静さを失うもの。

 

利益を確保しようと焦るあまり、正しく相場を見る事ができなくなっている事が多々あります。


休むも相場

そんな状況に陥ってしまったら、相場を休んでみるのも一つの手段です。

 

手持ちのポジションをまずは全て手じまいして、休憩を入れます。

 

ここで大切なのは、次に取引を再開する時には、過去の損失に囚われず、まずは目の前の1回の小さな勝ちを拾うのに集中する事です。

 

これは、狂ってしまった相場感を修正し、自分自身も冷静になるために役立ちます。

 

悪いイメージを引きずらないように休憩を入れ、一度勝ったらまたもう一度休みます。

 

リハビリを行う感覚で、少しずつ、焦らずに勝ちを重ねて行きましょう。

 

月曜日から金曜日まで、相場は毎日開いています。

どうしてもこの日までにこれだけの資金が必要で、という場合は別ですが、個人投資家であれば、それほど焦って投資を繰り返す必要もないはずです。

 

そもそも、そんな期日を定めなければならないようなお金を、日経225先物取引で調達する事はおススメできません。

 

冷静に、的確に投資を行うには、資金にも心にも余裕が必要です。

 

繰り返された負けのイメージは、投資家の心から余裕を奪います。

 

悪いイメージを払しょくするのに必要であれば、1か月2か月休憩するのも良いでしょう。

 

今なら改めて、冷静に相場を見られる、チャートを分析できる、となってから投資を再開すれば良いのです。

 

投資を休んで外から眺めている事で、新しい動きに気が付く事もあるでしょう。

 

リセットが上手い事も、一流の投資家になるための条件かもしれません。

「日経新聞」を無料で読める楽天証券

日経新聞無料購読可能な楽天証券〜詳細はこちらへ(外部リンク)

日経225先物取引で稼げる商品

分散型システムトレード 暴落に負けない投資法

日経225先物トロワシステムズ

OPライト 暴落に負けない投資法

日経225・シストレスターターキット MT4活用225 日経先物システム売買シグナル

日経225・シストレ初心者の為のスターターキット

日経225・最高の勝率・すごく簡単です矢印でエントリー・MT4チャート使用日経225MT4

日経先物システム売買シグナル

免責事項

※お申し込みをされる際は、各証券会社・販売会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。