日経225先物取引

日経225先物・OP 「有料メールマガジン配信」「有料情報」

自分の得意な局面で勝つ

日経先物取引の説明

日経225先物取引の相場には、様々な局面が存在します。

 

大きく分ければ上げ局面、下げ局面、もみ合い局面の3種類ですが、それぞれの局面の中でも、値動きが激しい時、ゆっくりな時、大規模な資金が動いている時など、状況は本当に様々です。

 

日経225先物取引に参加している投資家達は、そんな多様な局面の中で、毎日取引を行っています。

 

ある時は大きく勝ち、ある時は大きく負ける事もあるかもしれません。

 

最初は誰もが初心者ですが、投資の成功と失敗を繰り返すうちに、一人ひとりが、自分の得意な局面を見出して行きます。


得意な局面や投資の手法を理解してトレードする

インターネットで様々な投資家のブログを読んでいると、投資の方法も実に人それぞれである事が分かります。

 

彼らは、自分の得意な局面や投資の手法を理解していて、それに合わせて資金を運用しています。

 

上げ局面が得意な人は多いですが、下げ局面の方が好き、と言う人もいます。
値動きが激しい時に、素早く資金を運用できる人もいれば、ゆっくりとした動きの中で確実に利食いしていくスタイルの人もいます。

 

自分の得意でない局面がやってくると、損を出す確率も増えてきます。

 

また、大きなサプライズが合って相場が予想を超えた動きをし、誰もが儲け、誰もが損をする場合もあります。

 

どんなに優れた投資家でも、必ず損をすることがあるのは間違いありません。
しかし、彼らが優れていると言われるのは、損する時には損するが、儲けられる局面では人より多く儲ける事ができるからです。

 

つまり、自分が得意とする局面、誰もが儲けられる局面において、大きく資金を動かし、人より多く利益を確定させているのです。

 

日経225先物取引における勝率は、プロでも6割と言われています。

 

つまり、個人投資家レベルであれば、5割勝てれば良い方です。

 

この時、周囲と同じように儲け、同じように損をしていたのでは、いつまでたっても利益を増やす事はできません。

 

損をするときは皆と同じくらい損をするけれども、得をするときは人よりたくさん儲ける事が大切なのです。

 

10回勝って1回負けても、勝ちの金額が少なすぎれば1度の負けで帳消しになってしまう事も少なくありません。

 

逆に、10回負けていても、1回大きく勝つ事ができれば、最終的には利益が出るのです。

 

そして、大きく勝つには自分の得意な局面を利用するのが有効です。

 

上げ相場でも下げ相場でも構いません。

 

自分の得意とする局面で、大きく張って利益を出せるようになれれば良いのです。

「日経新聞」を無料で読める楽天証券

日経新聞無料購読可能な楽天証券〜詳細はこちらへ(外部リンク)

日経225先物取引で稼げる商品

分散型システムトレード 暴落に負けない投資法

日経225先物トロワシステムズ

OPライト 暴落に負けない投資法

日経225・シストレスターターキット MT4活用225 日経先物システム売買シグナル

日経225・シストレ初心者の為のスターターキット

日経225・最高の勝率・すごく簡単です矢印でエントリー・MT4チャート使用日経225MT4

日経先物システム売買シグナル

免責事項

※お申し込みをされる際は、各証券会社・販売会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。