日経225先物売買例

日経225先物・OP 「有料メールマガジン配信」「有料情報」

買戻し:日経225先物X限月を数日間待ち越して取引した場合

日経先物取引の説明

先ほどは、買い建てたポジションをその日の内に決裁した場合の計算式について説明しました。

 

次は、建て玉を数日間持ちこした場合で、かつ売り建てたポジションを買い戻すケースについて見て行きましょう。

スイングトレードの例

相場に勢いが足りない、日経225指数も下がり気味だし、他にも色々な不安要因がある、と言った場合、通常は売買を手控える所ですが、売り建てができる先物取引なら、こうした下げトレンドでも利益を上げる事が可能です。

 

そこで、1万円の売りポジションを3枚所有する事にしました。

 

当日はあまり値動きがなかったものの、数日後に相場が一気に下落。

 

そこで、保有していた売り建玉を、9,800円で反対売買。
1枚当たり200円の利益を確保することができました。

 

以降の計算式は、転売の時とほぼ同じです。

 

得た利益に対し、取引倍率である1000倍を掛けて、実際の利益を計算します。

 

200円×3枚×1000倍=60万円
となります。

 

手数料は、例えば、岡三オンライン証券を使いトレードして、岡三オンライン証券の手数料である315円がかかりました。

 

今回は日をまたいでのトレードですので、往復分の手数料が必要になります。

 

315円×3枚分×2=1,890円

 

この手数料を利益から差し引いたものが、実際に得られる純利益となります。

 

60万円−1,890円=59万8,110円

 

いかがでしょうか。

 

ただし、日をまたいでいる間の下落幅によっては、必要保証金が足りなくなるケースも発生しますので、まだ決済を行う予定がなくても、値動きには常に注意を払っておく事が大切です。

「日経新聞」を無料で読める楽天証券

日経新聞無料購読可能な楽天証券〜詳細はこちらへ(外部リンク)

日経225先物取引で稼げる商品

分散型システムトレード 暴落に負けない投資法

日経225先物トロワシステムズ

OPライト 暴落に負けない投資法

日経225・シストレスターターキット MT4活用225 日経先物システム売買シグナル

日経225・シストレ初心者の為のスターターキット

日経225・最高の勝率・すごく簡単です矢印でエントリー・MT4チャート使用日経225MT4

日経先物システム売買シグナル

免責事項

※お申し込みをされる際は、各証券会社・販売会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。