日経225先物取引

日経225先物・OP 「有料メールマガジン配信」「有料情報」

損切

日経先物取引の説明

投資や運用において、
損失を絶対に出さない事は不可能です。

 

そこで大切になるのが、
いかに損失を少なく済ませるかです。

 

これを念頭に置いた売買を、
「損失限定(ストップロス)」
又は、「損切 (ロスカット)」と呼びます。


損失限定は、資金運用において基本となる戦術です。

 

簡単に言うと、手持ちのポジションについて、
約定時の予測と反対に値動きした際、速やかに決済して損失を限定するやり方です。

 

大切なのは、最初の注文時に、許容できる損失額を決めておく事です。

損失限定(ストップロス)の例

例えば、この先相場が上がると予想して、1万円で買いポジションを保有したとします。

 

ところが、予想に反して相場はなかなか上がりません。
もしかしたら下がるケースもあるかもしれないと思ったら、いくらまで下がったら売ろう、と決めておくのです。

 

このケースでは、9,950円で、あらかじめ売り注文を出しておきます。
悪い予想が当たって、その後相場はずるずると下降。

 

しかし前もって売り注文を出しておいたため、速やかに決済注文が約定し、
最終的な損失は50円で済みました。

 

効果的な逆指値注文

こうした損失限定の方法では、逆指値注文を利用すると、さらに効果的です。

 

相場の流れに応じて自動で注文を行ってくれる逆指値注文は、値動きを毎秒ごとに自分でチェックしておく必要がないので簡単です。

 

損失限定のポイントは、とにかくスピードです。

 

もみ合いになっている
局面ならまだしも、とんとん拍子に値が下がっていく事は珍しくありません。

 

慌てて決済注文を出しても、
約定する時にはさらに損失が増えている、と言う事も多いのです。

「日経新聞」を無料で読める楽天証券

日経新聞無料購読可能な楽天証券〜詳細はこちらへ(外部リンク)

日経225先物取引で稼げる商品

分散型システムトレード 暴落に負けない投資法

日経225先物トロワシステムズ

OPライト 暴落に負けない投資法

日経225・シストレスターターキット MT4活用225 日経先物システム売買シグナル

日経225・シストレ初心者の為のスターターキット

日経225・最高の勝率・すごく簡単です矢印でエントリー・MT4チャート使用日経225MT4

日経先物システム売買シグナル

免責事項

※お申し込みをされる際は、各証券会社・販売会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。