データ分析

日経225先物・OP 「有料メールマガジン配信」「有料情報」

機関投資家の優位性

日経先物取引の説明

日経225先物取引は、少ない資本金で取引に参加することができるため、個人投資家にも人気がありますが、やはり大口の資産を有する機関投資家の参入率が高い取引と言えるでしょう。

 

資金の大きさや経験、どれをとっても個人投資家が機関投資家や証券会社にかなうはずはありません。

 

プロの投資家達は、膨大な過去の実績と経験をデータとして分析し、日経225先物取引がどのような値動きをする商品なのか、それぞれの局面でどう動けば利益を得やすいのか、と言った判断材料にしているのです。

 

同じデータを個人投資家が手に入れようと思っても、それはなかなか難しい話です。

 

集められるデータは全て集める

だからと言って、過去のデータに全く頼らないのは言語道断。
自分で集められるデータは全て集めるくらいの勢いで情報を収集し、
経験不足を補いましょう。

 

データ分析に利用することの出来る資料は、四本値株価の動き
グラフ化したチャートやローソク足などの市場の過去データだけではありません。

 

国内総生産(GDP)や失業率、有効求人倍率を含む雇用統計など、
景気を判断するための景気動向指数なども非常に有益なデータになります。

 

幸い、日経225先物取引の市場データは、
日経平均の値動きと連動しているため、データの量も、その分析結果も豊富です。

 

信頼に足るデータを自分の判断材料としてしっかりインプットし、
実際の相場で生かすことこそが、個人投資家に求められる重要なポイントなのです。

 

もちろん、日経225miniのデータとしても、同じものが活用できます。

「日経新聞」を無料で読める楽天証券

日経新聞無料購読可能な楽天証券〜詳細はこちらへ(外部リンク)

日経225先物取引で稼げる商品

分散型システムトレード 暴落に負けない投資法

日経225先物トロワシステムズ

OPライト 暴落に負けない投資法

日経225・シストレスターターキット MT4活用225 日経先物システム売買シグナル

日経225・シストレ初心者の為のスターターキット

日経225・最高の勝率・すごく簡単です矢印でエントリー・MT4チャート使用日経225MT4

日経先物システム売買シグナル

免責事項

※お申し込みをされる際は、各証券会社・販売会社のホームページにて詳細をご確認ください。
  必ずご自身でお確かめ下さい。

※当サイトご利用により生じたいかなる損害においても、当方は一切責任を負いません。

※また、著作権は放棄しておりません。